こんなところも通るの?ドキドキの列車

東南アジア周遊の旅では空路よりも陸路で移動した方が、現地の人たちが普段見ている風景を楽しむことができ、新たな発見がより多いです。また、お金の節約にもなります。今回は、陸路でおすすめの移動方法を2つご紹介します。 まず1つ目は、列車です。席の階級によって値段が変わってきますが、それでもとても安いのが東南アジアの列車です。また、この方法だと、日本で列車に乗った時には絶対に見られない光景を目の当たりにすることができます。それは、列車すれすれの民家です。列車と民家の間にフェンスなどはなく、手を伸ばせば触れることができるほどです。さすがに、この界隈を通る時には列車も減速するので、そこに住んでいる人たちの生活を垣間見ることもできるかもしれません。

日本の高速バスと座り心地は変わらない!長距離バス

次に、列車よりもゆっくりと風景を楽しめる、長距離バスです。国境を越える長距離バスでも驚くほど安い値段でチケットが売られています。中には、カンボジアなどビザが必要な国に行くときの、ビザの代金までバス代に含まれているものもあるので、かなり便利です。そして、意外かもしれませんが箱に入った美味しいパンとミネラルウォーターが配られるものもあります。日本では考えられない安さですよね。こんなに安くてサービスも良いのだから、バスはボロボロなのでは?と疑問に思うかもしれませんが、確かに日本で走っているバスと比べると古いですが、今にも壊れそうなほどのバスではないので安心してください。 以上、東南アジア周遊での飛行機以外の2つの移動方法を紹介しました。東南アジア周遊に行かれる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。